その他のリソース

リリースノート

サポートナレッジベース
(ログインが必要です)

概要

TrendsをTanium™のデプロイに追加することで、エンタープライズITエステートに関する重要な情報の履歴、同じインジケータのリアルタイムステータスと連携する機能、エンドポイントにアクションをデプロイする機能などに対する可視性を実現します。すべて、Tanium Consoleセッションを終了する必要はありません。

機能

Trendsを使用して:

  • 企業全体のエンドポイントからデータを収集し、ハードウェアおよびソフトウェアのインベントリ、ウィルス対策運用、およびエンドポイントセキュリティの状況に関する情報の履歴を視覚化します。
  • 収集されたデータをインパクトのあるグラフで表示するために、ボードとパネルの編成されたコレクションを作成します。
  • グラフの種類、日付または日付範囲、配色、および各パネルのテキストをカスタマイズします。
  • ビジュアルステータスインジケータ(赤、黄、または緑のパネルの背景など)をトリガーするデータ条件のしきい値を設定します。
  • ステークホルダーに配布したり、内部のWebサーバに投稿したりするために、ボードをファイルに公開します。
  • 履歴のトレンドから普通の結果グリッドに戻される同じ重要なQuestionの現在のリアルタイムステータスに移動します。そこでは、マージおよびドリルダウン機能を使用して詳細を調べることができます。
  • さらに、必要に応じてアクションをデプロイおよびスケジュール設定できるTanium™ InteractのQuestionを開くことにより、パネルに表示されるQuestionの結果を調べます。

Trendsを使用するには、ソース、パネル、ボード、およびセクションの4つの基本概念を理解する必要があります。

ソース

ソースとは、Trendsの保存されたQuestion、Questionの発行頻度、エンドポイントからの結果の収集時期を定義する構成です。すべてのソースは、保存されたQuestionをTrendsに表示されるすべてのコンピュータグループに発行します。

Trendsで保存されたQuestionでは、1つのセンサーからの結果のみを要求することができます。センサーは、単一の列センサー、複数列センサー、またはパラメータ化されたセンサーでも構いません。

ソースに関する詳細は、ソースの操作を参照してください。

パネル

パネルは、ソースによって収集されたデータを視覚化します。パネルを作成または編集する場合は、使用するソースと、データを表示するデフォルトのコンピュータグループを選択します。ソースが複数列センサーを使用する場合は、表示する列を選択できます。グラフの種類、日付範囲、配色などをカスタマイズすることもできます。

パネルはソースに依存します。ソースを使用するパネルを作成する前にソースを作成する必要があります。

ボードをパネルに追加する方法については、ボードの作成とパブリッシングを参照してください。パネルの操作については、結果をパネルで表示を参照してください。

ボード

ボードは、パネルのコレクションで編成されます。ボードを作成および編集してパネルを追加し、ボードをダウンロード可能なHTMLファイルに公開できます。

ボードの作成、編集、および公開方法については、 ボードの作成とパブリッシングを参照してください。

セクション

セクションは、パネルをさらにグループ化するために使用できる、ボード上の折りたたみ可能な区分です。ボードには複数のセクションがあり、各セクションには複数のパネルを含めることができます。セクションは任意で利用できます。デフォルトでは、ボードにはセクションは含まれていません。

ボードにセクションを追加する方法については、ボードの作成とパブリッシングを参照してください。

最終更新:2019/04/3013:54| フィードバック

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software