他のバージョン

[Action Approval(アクションの承認)]の使用

組織によっては、対象コンピュータでアクションを発行する前に、そのアクションに対する承認が別途必要になります。これはTPI (Two-Person Integrity)とも呼ばれます。承認者には、完全な管理者ロールを持つ他のユーザーでも、特別な「アクション承認」 ロールを持つユーザーでもかまいません。 承認要件に対する例外が許可されている場合は、「承認バイパス」ロールを割り当てることができます。

アクションの承認者ロールを作成する

  1. [Permissions(アクセス許可)] > [Roles(ロール)]に移動します。
  2. 指定したコンテンツセットに対して、アクション承認アクセス許可を付与する高度なロールを作成します。
  3. 構成を保存します。

アクション承認バイパスロールを作成する

  1. [Permissions(アクセス許可)] > [Roles(ロール)]に移動します。
  2. 指定したコンテンツセットに対して、アクションの承認をバイパスするアクセス許可を付与する高度なロールを作成します。このアクセス許可を持つユーザーによって作成されたアクションは、承認要件を免除されます。
  3. 構成を保存します。

ユーザーにロールを割り当てる

  1. [Administration(管理)>[Users(ユーザー)]に移動します。
  2. ユーザーの行をクリックして、[Edit(編集)]をクリックします。
  3. アクション承認者またはアクションの承認をバイパスするユーザー用に作成したロールの1つを割り当てます。
  4. 構成を保存します。

アクションの承認を有効にする

  1. [Administration (管理)]>[Global Settings (グローバル設定)]に進みます。
  2. require_action_approval設定を検索します。
  3. 設定を選択して[Edit (編集)]をクリックします。
  4. 設定値を1に変更し、[Save(保存)]をクリックして有効にします。

アクションの承認を無効にした場合は、承認待ちのアクションを完了できません。これを避けるには、その機能を無効にする前に、承認待ちのアクションのリストをクリアするよう承認者に依頼してください。さもなければ、アクション履歴を確認し、必要に応じてアクションを再発行して、望ましい結果を得る必要があります。

[All Pending Approval(すべての承認待ち)]グリッドを確認する

アクション承認が有効になると、管理者予約ロールを持つユーザーは、承認待ちのアクションのバックログをチェックできます。[Actions(アクション)]>[All Pending Approval(すべての承認待ち)]に移動してグリッドを確認します。このグリッドには[Scheduled Actions(定期アクション)]グリッドと同じフィールドがあり、アクションボタンを使って同じ管理タスクを実行できます。違うのは、このグリッドが承認待ちのアクションを表示するようにフィルタリングされていることです。

F:図1:[All Pending Approval (すべて承認待ち)]ページ

承認待ちのアクションを承認する

管理者ロールまたは「アクション承認者」 ロールを持つユーザーがログインすると、ナビゲーションメニューアイコンに承認を必要とするアクションの数の通知が表示されます。

F:図2:承認待ちの通知

このアクションの承認は、次の手順に従います。

  1. [Actions(アクション)]>[Actions I Can Approve(私が承認できるアクション)]に移動します。

    テキストフィルタと行ソートを使用して、確認したいアクションを探すことができます。

  2. 行を選択します。

    赤いアクションボタンが表示されます。

  3. [Approve(承認する)]をクリックします。
  4. アクションサマリを確認し、[Approve Action(アクションを承認する)]をクリックします。
  5. パスワードを入力して承認を完了します。



予約済みアクションの承認は、予定が終了するか、定期アクション構成が変更されるまで有効です。

最終更新:12/13/20181:48 PM| フィードバック

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software