パッケージとバンドルの管理

ソフトウェアパッケージを使用して、対象コンピュータのソフトウェアをインストール、更新、または削除します。ソフトウェアバンドルを使用して、デプロイするソフトウェアパッケージのシーケンスリストを指定します。

使用を開始する前に

適用範囲チェックおよびコマンドラインによる操作の場合、すべてのエンドポイントに必要なシステム環境変数が定義されていることを確認してください。詳細については、システム環境変数を参照してください。

ソフトウェアパッケージを作成する

  1. Deployメニューから、[Software (ソフトウェア)]をクリックし、それから[New Software Package (新しいソフトウェアパッケージ)]をクリックします。
  2. [Package Files (パッケージファイル)]セクションで、[Add (追加)]をクリックして、ローカルファイル、リモートファイル、またはリモートフォルダを追加します。
    これらは、管理されたデバイスにアプリケーションをサイレントインストールするために必要なファイルです。たとえば、msiまたはexeインストーラ、リソースファイルまたはフォルダ、構成ファイル、カスタムスクリプト、カスタムレジストリファイル、ライセンスキーなどです。

    リモートファイルまたはリモートフォルダを選択する場合は、Tanium Deployサービスを実行するアカウントがリモートロケーションにアクセスできることを確認してください。デフォルトでは、Tanium Deployサービスはローカルシステムコンテキストで実行されます。非表示または管理用のUNC共有は、Tanium Deploy内ではサポートされていません。

  3. [General Information (一般情報)]セクションでは、一般情報を提供し、OSプラットフォームを選択します。

    パッケージファイルに1つ以上のWindowsインストーラパッケージ(MSIファイル形式)が含まれている場合は、 [Inspect(検査)]をクリックして.msiファイルから一般情報を抽出し、事前入力された情報を確認します。[Inspect (検査)]をクリックしても、以前に手動で入力した情報は上書きされません。

  4. [Deploy Operation (デプロイ操作)]セクションでは、[Deploy Operation (デプロイ操作)]を選択します。[Install (インストール)][Update (更新)]、または[Remove (削除)]

    [Tanium Client File Request (Tanium Clientファイルリクエスト)]を追加する場合、入力するURIはすべてTanium Server上でホワイトリストに登録する必要があります。詳細については、Tanium Platformユーザーガイド:ホワイトリストに登録されたURLを管理する

  5. [System Requirements (システム要件)]セクションでは、パッケージがエンドポイントで実行されるための最小システム要件を指定します。
  6. [Requirements (要件)]セクションでは、前提条件ソフトウェアの検出ルールのリストを追加します。詳細については、適用範囲のスキャンとコマンドライン操作のための変数WMIクエリを参照してください。
  7. (オプション)更新の操作が選択されている場合は、以前のバージョンの検出ルールのリストを追加します。詳細については、適用範囲のスキャンとコマンドライン操作のための変数WMIクエリを参照してください。
  8. [Deploy Operation (デプロイ操作)]セクションでは、このパッケージで有効にしたDeploy操作の条件付きコマンドを追加します。詳細については、適用範囲のスキャンとコマンドライン操作のための変数を参照してください。

    [Run Command (コマンドの実行)]を追加すると、[System (システム)]または[Active User (アクティブユーザー)]としてコマンドを実行するかを指定できます。

  9. [Install Verification (インストール検証)]セクションでは、インストール検証用の検知ルールのリストを追加します。詳細については、適用範囲のスキャンとコマンドライン操作のための変数WMIクエリを参照してください。
  10. [Create Package (パッケージの作成)]をクリックします。

適用範囲のスキャンとコマンドライン操作のための変数

ソフトウェアパッケージを作成する際に、適用範囲のスキャンとコマンドライン操作のための変数として、||PROGRAMFILES32BIT||||PROGRAMFILES||||ACTIVEUSERPROFILE||または||ACTIVEUSERREGISTRY||を使用できます。[Requirements (要件)][Update Detection (更新の検出)]および[Install Verification (インストールの検証)]セクションでは、[Registry Path (レジストリパス)][Registry Data (レジストリデータ)][File Path (ファイルパス)]または[File Version (ファイルバージョン)]フィルタフィールドを選択すると、それらの変数を使用することができます。

インストーラ
アーキテクチャ
変数 Path
32ビットエンドポイント上の32ビット ||PROGRAMFILES32BIT|| C:\Program Files
64ビットエンドポイント上の32ビット ||PROGRAMFILES32BIT|| C:\Program Files(x86)
32ビットエンドポイント上の64ビット ||PROGRAMFILES|| C:\Program Files
64ビットエンドポイント上の64ビット ||PROGRAMFILES|| C:\Program Files
任意 ||ACTIVEUSERPROFILE||

アクティブな認証ユーザーのプロファイルディレクトリ

(例:C:\users\john.smith)

任意 ||ACTIVEUSERREGISTRY||

アクティブな認証ユーザーのレジストリハイブ

(例:HKEY_USERS\USER-SID\)

WMIクエリ

WMIクエリを使用すると、ソフトウェアパッケージ内の任意の検出ルールについてWMIクラスから情報をクエリできます。WMIクエリを使用すると、Win32_Product WMIクラスに対してクエリを実行できません。

詳細については、[Microsoft Documentation]:Win32_Product classを参照してください。

ソフトウェアパッケージをエクスポートする

ソフトウェアパッケージをエクスポートして、後で別のサーバにパッケージをインポートしたり、削除したパッケージを再作成したりすることができます。

  1. Deployメニューから、[Software (ソフトウェア)]をクリックします。
  2. パッケージの名前をクリックし、エクスポート をクリックします。

ZIPファイルはダウンロードフォルダにあります。

ソフトウェアパッケージをインポートする

以前にエクスポートしたソフトウェアパッケージを別のサーバにインポートするか、削除したパッケージを再作成することができます。

  1. Deployメニューから、[Software (ソフトウェア)]をクリックし、それから[Import Package (パッケージのインポート)]をクリックします。
  2. 以前にエクスポートしたZIPファイルを参照し、[Import (インポート)]をクリックします。
  3. [Upload File (ファイルをアップロード)]をクリックして必要なファイルをアップロードします。
  4. [Import (インポート)]をクリック、または重複したパッケージをインポートする場合は[Import Duplicate (重複のインポート)]をクリックします。
  5. パスワードを入力し、[Confirm (確認)]をクリックします。

ソフトウェアパッケージカタログを配布する

ソフトウェアパッケージを作成または編集した後、ソフトウェアパッケージカタログをエンドポイントに配布するように求められます。[Distribute Catalog (カタログを配布)]をクリックして、パスワードを入力し、[Confirm (確認)]をクリックします。エンドポイントが更新されたソフトウェアパッケージカタログを受け取ると、パッケージの適用範囲を表示できます。

ソフトウェアパッケージの適用範囲を表示する

  1. Deployメニューから、[Software (ソフトウェア)]をクリックします。
    また、パッケージ名をさらにクリックして、ソフトウェアパッケージの適用範囲を表示することもできます。
  2. 特定の適用範囲状態の詳細については、Interact をクリックしてください。
  3. [Full Report (フルレポート)]をクリックしてエンドポイントの適用範囲の詳細を表示することもできます。

ソフトウェアバンドルを作成する

  1. [Deploy (デプロイ)]メニューから、[Software (ソフトウェア)]をクリックし、それから[Software Bundles (ソフトウェアバンドル)]をクリックします。
  2. [New Software Bundle (新しいソフトウェアバンドル)]をクリックします。
  3. [Software Bundle Details (ソフトウェアバンドルの詳細)]セクションで、バンドル名と説明を指定し、OSのプラットフォームを選択します。

  4. [Add Software (ソフトウェアを追加)]セクションでは、ソフトウェアオプションを選択します。
    1. バンドルに追加するソフトウェアパッケージを選択します。
    2. デプロイのアクション:[Install (インストール)][Update (更新)][Remove (削除)]、または[Install OR Update (インストールまたは更新)]を選択します。
    3. パッケージが失敗した場合に、バンドルを終了するか続行するか選択します。

    パッケージをドラッグするか、パッケージ番号の横にある矢印をクリックして、パッケージの順序を変更できます。

  5. [Create Bundle (バンドルの作成)]をクリックします。

ソフトウェアパッケージまたはバンドルを編集する

パッケージまたはバンドルを編集するには、パッケージまたはバンドルの名前をクリックし、[Edit (編集)]をクリックします。

ソフトウェアパッケージまたはバンドルを編集して保存すると、そのパッケージまたはバンドルのバージョン番号が大きくなります。既存のデプロイのすべては、更新されたソフトウェアパッケージカタログが配布されるまで、デプロイ時に指定されたバージョンを引き続き使用します。

ソフトウェアパッケージまたはバンドルを削除する

パッケージまたはバンドルを削除するには、パッケージまたはバンドルの名前をクリックし、削除 をクリックします。

ソフトウェアパッケージまたはバンドルがアクティブなデプロイで参照されていない場合にのみ削除できます。

最終更新:2019/06/059:52| フィードバック

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software