その他のリソース

リリースノート

ビデオチュートリアム

サポートナレッジベース
(ログインが必要です)

Deployの概要

Deployは、最小限のインフラストラクチャ要件で大規模な組織全体でソフトウェアを迅速にインストール、更新、および削除するために使用できる、ソフトウェア管理モジュールです。IT運用に便利なメンテナンスウインドウで、実行するパッチの適用を作成できます。

アプリケーションまたはアプリケーショングループを、コンピュータグループ、ユーザーグループ、部門、場所、個々のコンピュータ、および個々のユーザーなどを対象に、フレキシブルにデプロイできます。既存のソフトウェアのインストールを最新バージョンに更新することもでき、インストールするカスタムパッケージを作成、更新、アプリケーションの削除ができます。

デプロイパッケージ

Tanium Deployソフトウェアパッケージは、 Taniumが管理するデバイスのソフトウェアの検出、インストール、更新、および削除に使用する、ソースファイル、メタデータ、検出ロジック、およびアクションの組み合わせです。

各ソフトウェアパッケージには、次の要素が含まれています。

パッケージファイル(インストール/ソースファイル)

管理対象デバイスにアプリケーションをサイレントインストールするために必要なファイル。たとえば、msi/ exeインストーラ、リソースファイル/フォルダ、構成ファイル、カスタムスクリプト、カスタムレジストリファイル、ライセンスキーなどです。

一般情報

ソフトウェアパッケージのベンダー、名前、およびバージョン。この情報は利用可能な場合にソースファイルから自動的に取得します。

システム要件

このソフトウェアパッケージがエンドポイントで実行されるための最低要件:最小オペレーティングシステムとバージョン、最小ディスクスペース、およびシステムの最小RAM。

要件(前提条件)

前提条件ソフトウェアパッケージに関連付けられている検出ルールのリスト。各前提条件ソフトウェアパッケージには、1つまたは複数のルールが関連付けられています。

更新検出

このソフトウェアパッケージの以前のバージョンに関連付けられている検出ルールのリスト。このリストは、このパッケージによって更新可能な以前のソフトウェアインストールを判別します。

操作タイプ

各ソフトウェアパッケージには多数のサポートされている操作があります。各パッケージには、インストールおよびアンインストールの操作タイプがあり、名前の付けられたカスタム操作をソフトウェアパッケージに追加できます。

インストール検証

パッケージのインストールが完了したかどうかを判断するための検出ルールのリスト。

バンドルのデプロイ

Tanium Deployソフトウェアバンドルは、順序付けられたシーケンスでデプロイおよび実行できるDeployソフトウェアパッケージのリストです。ソフトウェアバンドルは、特定の部門またはユーザータイプが使用するパッケージのリストのデプロイに使用されます。

詳細については、パッケージとバンドルの管理を参照してください。

デプロイパッケージギャラリー

Tanium Deployパッケージギャラリーは、ソフトウェアパッケージテンプレートを配布するために使用できるソフトウェアパッケージのコレクションです。これらのテンプレートには、サードパーティソフトウェアをインポートおよびデプロイするために必要なすべての情報が含まれています。

対応アプリケーション:

  • 7-Zip (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Adobe Acrobat DC (更新のみ) - 最新バージョン
  • Adobe Acrobat Reader DC - 最新バージョン
  • Adobe AIR - 最新バージョン
  • Adobe Digital Editions - 最新バージョン
  • Adobe Flash Player (ActiveX/NPAPI/PPAPI) - 最新バージョン
  • Adobe Shockwave EOL (削除のみ)
  • Box Drive (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Citrix Workspace(旧Citrix Receiver)- 最新バージョン
  • code4ward Gmbh Royal TS - 最新バージョン
  • Dropbox - 最新バージョン
  • FileZilla (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Google Android Studio - 最新バージョン
  • Google Chrome Enterprise (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Google Drive File Stream - 最新バージョン
  • Microsoft Power BI Desktop (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Microsoft Silverlight (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Microsoft Skype Desktop Client (32ビット) - 最新バージョン
  • Microsoft Visual Studio Code (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Microsoft Windows 10 アップグレード(32/64 ビット) - 1803、1809、1903
  • Mozilla Firefox (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Mozilla Firefox ESR (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Notepad++ (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Oracle Java 8 Runtime (32/64ビット) - 最新バージョン
  • VideoLAN VLC Media Player (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Vmware Workstation Player (更新と削除のみ) - 最新バージョン
  • Wireshark (32/64ビット) - 最新バージョン
  • Zoom - 最新バージョン
  • Zoom Outlookプラグイン - 最新バージョン

次の監査のみのソフトウェアパッケージテンプレートが、監査とレポートを目的として使用されます。これらのパッケージにはソース ファイルまたはコマンドが配布されていませんが、ソフトウェアがインストールされているか古くなっているかを判断するためのロジックがあります。

  • Adobe After Effects CC - 最新バージョン
  • Adobe Animate CC - 最新バージョン
  • Adobe Audition CC - 最新バージョン
  • Adobe Dreamweaver CC - 最新バージョン
  • Adobe Illustrator CC - 最新バージョン
  • Adobe InDesign CC - 最新バージョン
  • Adobe Photoshop CC - 最新バージョン
  • Adobe Prelude CC - 最新バージョン
  • Adobe Premiere Pro CC - 最新バージョン

詳細については、パッケージギャラリーの管理を参照してください。

適用範囲スキャン

Deployソフトウェアパッケージカタログにあるソフトウェアパッケージの適用範囲スキャンの実行頻度と、適用範囲ステータスのキャッシュが更新される頻度を設定できます。

適用範囲スキャンは、必要なオペレーティングシステム、最小ディスク容量、メモリ、および要件からエンドポイントを評価します。各ソフトウェアパッケージは、定期的に評価され、Tanium管理対象デバイスがインストール可能か、アップデート対象か、インストール済みか、または要件が満たされているかどうかを判断します。

Install Eligible (インストール可能)

ソフトウェアがインストールされておらず、システム要件が満たされているシステムの数。

Update Eligible (アップデート可能)

以前のバージョンのアプリケーションが1つまたは複数検出され、ソフトウェアパッケージの更新が行えるシステムの数。

Installed (インストール済み)

ソフトウェアパッケージがすでにインストールされているシステムの数。

Update Ineligible (更新不能)

以前のバージョンのアプリケーションの1つ以上が検出されたが、システム要件が満たされていないシステムの数。

Not Applicable (適用外)

システム要件または前提条件が満たされていないシステムの数。

パッチの適用

デプロイは、対象となるエンドポイントでアプリケーションをインストール、更新、または削除するための1回限り、または繰り返されるアクションです。詳細については、パッケージとバンドルのデプロイを参照してください。

メンテナンスウインドウ

メンテナンスウインドウでは、対象コンピュータがデプロイの実行を許可する時間を指定します。複数のメンテナンスウインドウを構成できます。重複する時間帯でも可能です。メンテナンスウインドウは相互に干渉しません。デプロイを有効にするには、デプロイとメンテナンスウインドウの時間が適合する必要があります。詳細については、メンテナンスウインドウの管理を参照してください。

セルフサービスプロファイル

Deploy 1.2にはセルフサービスアプリケーションを導入され、そのためソフトウェアをエンドポイントに公開できるので、ITがソフトウェアをインストール必要がなくユーザーが自分でインストールできます。セルフサービスプロファイルおよびセルフサービスアプリケーションは、Tanium™ End-User Notifications1.5以降のセルフサービスユーザーインターフェイスと併せて使用されます。詳細については、セルフサービスアプリケーションの使用を参照してください。

最終更新:2020/01/1015:52| フィードバック

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software