パッケージとバンドルのデプロイ

概要

デプロイを実行して、ターゲットコンピュータのセットにソフトウェアをインストール、更新、またはアンインストールします。デプロイは、以下の要件を満たすために1回、または継続して実行することができます。

  • 運用上の衛生管理とシステムベースラインを維持します。
  • 短期間オンラインであるシステムを管理します。
  • システム状態の変化に応じて適用可能になるパッケージを再実行します。

デプロイオプションで[Override maintenance window (メンテナンスウインドウの上書き)]が選択されていない限り、デプロイはメンテナンスウインドウ外では実行されません。他のデプロイを実行するために少なくとも1つのメンテナンスウインドウを作成する必要があります。メンテナンスウインドウ作成の詳細については、メンテナンスウインドウの管理を参照してください。

使用を開始する前に

ソフトウェアパッケージのデプロイを作成する

ソフトウェアパッケージをデプロイするには、パッケージ名をクリックしてから、[Deploy (デプロイ)]をクリックします。

  1. デプロイの詳細を指定します。
  2. ソフトウェアパッケージの操作を選択します。
  3. デプロイの対象を少なくとも1つ選択します。
  4. パッチの適用オプションを選択します。
    1. このデプロイテンプレートをベースにデプロイを行うかどうかを選択します。このテンプレートに基づいて新しいパッチの適用テンプレートを作成するには、[Create Deployment Template (パッチの適用テンプレートの作成)]を選択します。詳細については、デプロイテンプレートの作成を参照してください。
    2. デプロイ時間を指定します。

      ブラウザ時刻またはエンドポイントの現地時間を選択できます。

    3. パッチの適用タイプを指定します。個々の開始時刻と終了時刻を使用して1回だけパッチを適用する単独型、終了時刻を指定しないでパッチを適用する継続型のいずれかを行うことができます。
    4. エンドポイントでインストール前にデプロイコンテンツをダウンロードするには、[Download immediately (すぐにダウンロード)]を選択します。
    5. デプロイに関するエンドユーザー通知を有効にすることができます。[Pre-Notify User (ユーザーへの事前通知)]セクションの[Notify User (ユーザーに通知)]を選択します。それから、ユーザーによるデプロイの開始延期を可能にする設定を構成できます。また、ユーザーへデプロイについて通知する[Message Content (メッセージの内容)]を構成する必要があります。メッセージと延期のオプションを表示するウィンドウをプレビューするには、[Show Preview (プレビューを表示)]をクリックします。

    6. CPUの並行使用とディスクの入出力を最小化するために、[Distribute over time (長期配布)]を選択して時間を指定します。
    7. デプロイの制限を無視する場合は、[Override Maintenance Windows (メンテナンスウインドウの上書き)]を選択します。
    8. エンドポイントを再始動するかどうかを選択します。詳細については、エンドポイントの再起動を参照してください。
    9. 再起動の有無にかかわらず、デプロイの完了に関するエンドユーザー通知を有効にすることができます。[Post-Notify User (ユーザーへの事後通知)]セクションの[Notify User (ユーザーに通知)]を選択します。エンドポイントの再起動を有効にした場合は、ユーザーが再起動を延期できるように設定を構成することができます。また、ユーザーに再起動について通知する[Message Content (メッセージの内容)]を構成する必要があります。メッセージと延期のオプションを表示するウィンドウをプレビューするには、[Show Preview (プレビューを表示)]をクリックします。

  5. [Create Deployment (デプロイの作成)]をクリックします。

エンドポイントの再起動

更新プログラムがインストールされた後、Deployがシステムを再起動することがあります。次のような再起動に対するオプションを選択できます。 

  • 適用後に、サイレントモードで直ちに再起動します。このオプションは、通常、メンテナンスウインドウおよび変更管理プロセスと合わせて、サーバおよび本稼動マシンに使用されます。
  • システムユーザーに保留中の再起動について通知し、指定された時間の間、再起動を延期するオプションをシステムユーザーに与えます。次のオプションを構成します。

    Duration of Postponement (延期の期間)

    エンドポイントを再始動するまでの時間を分数、時間数、または日数で指定します。期限は、各エンドポイントで適用が完了した時間に、この値を加算することで算出されます。

    Countdown to deadline (期限までのカウントダウン)

    エンドポイントを再起動するどれだけ前に最終通知を表示するかを、分数で指定します。この通知は再起動までのカウントダウンも示します。この通知に対処しないと、1分後に再表示されます。このオプションは延期できない強制再起動を意味するものであるため、対処しない場合は値を下げてください。

    Allow User to Postpone (ユーザーに延期を許可する)

    指定した時間だけ再起動を延期するオプションをユーザーに提示する場合は、このオプションを選択します。ユーザーはこの期限を過ぎて延期することはできません。

    User Postponement Options (ユーザー延期オプション)

    ユーザーが再起動を延期できる時間を分数、時間数、または日数で指定します。

    Message Content (メッセージの内容)

    通知メッセージのタイトルと本文を指定します。||OPERATION||||PACKAGENAME||、または||DEPLOYMENTNAME||をタイトルや本文内の変数として使用できます。ソフトウェアバンドルを展開する場合、||PACKAGENAME||変数にバンドル名を使用します。ユーザーを混乱させたり、サポートコールを制限したりするのを避けるため、区別を示すオプションのアイコンと本文の画像をアップロードします。[Show Preview (プレビューを表示)]をクリックして、通知をプレビューします。
    このメッセージは設定可能で、次の例のようになる場合があります。

    再起動の期限が過ぎると、ユーザーには延期できないというメッセージが表示されます。

エンドユーザーの通知は、パッチの適用を停止、再設定、および再発行することによって、既存のパッチの適用に追加できます。

ユーザーが誰もエンドポイントにログインしていない場合は、パッチの適用時に通知するように設定されていても、パッチの適用完了直後にエンドポイントが再始動されます。

ソフトウェアバンドル用のデプロイを作成する

ソフトウェアバンドルはプラットフォーム固有であり、各ソフトウェアパッケージは個別に評価およびインストールされますが、指定されたOSプラットフォームでのみ使用できます。バンドルのデプロイ中に個々のパッケージのインストールが失敗した場合、バンドルを続行して残りのパッケージをインストールするか、または停止して失敗を報告するかのいずれかを選べます。

ソフトウェアバンドルを適用するには、バンドル名をクリックしてから、[Deploy (デプロイ)]をクリックします。

  1. デプロイの詳細を指定します。
  2. ソフトウェアバンドルの詳細を確認します。
  3. デプロイの対象を少なくとも1つ選択します。
  4. デプロイオプションを選択します。
    1. このデプロイテンプレートをベースにパッチ適用を行うかどうかを選択します。このテンプレートに基づいて新しいパッチの適用テンプレートを作成するには、[Create Deployment Template (パッチの適用テンプレートの作成)]を選択します。詳細については、デプロイテンプレートの作成を参照してください。
    2. デプロイ時間を指定します。

      ブラウザ時刻またはエンドポイントの現地時間を選択できます。

    3. パッチの適用タイプを指定します。個々の開始時刻と終了時刻を使用して1回だけパッチを適用する単独型、終了時刻を指定しないでパッチを適用する継続型のいずれかを行うことができます。
    4. エンドポイントでインストール前にデプロイコンテンツをダウンロードするには、[Download immediately (すぐにダウンロード)]を選択します。
    5. デプロイに関するエンドユーザー通知を有効にすることができます。[Pre-Notify User (ユーザーへの事前通知)]セクションの[Notify User (ユーザーに通知)]を選択します。それから、ユーザーによるデプロイの開始延期を可能にする設定を構成できます。また、ユーザーへデプロイについて通知する[Message Content (メッセージの内容)]を構成する必要があります。メッセージと延期のオプションを表示するウィンドウをプレビューするには、[Show Preview (プレビューを表示)]をクリックします。

    6. CPUの並行使用とディスクの入出力を最小化するために、[Distribute over time (長期配布)]を選択して時間を指定します。
    7. デプロイの制限を無視する場合は、[Override Maintenance Windows (メンテナンスウインドウの上書き)]を選択します。
    8. エンドポイントを再始動するかどうかを選択します。詳細については、エンドポイントの再起動を参照してください。
    9. 再起動の有無にかかわらず、デプロイの完了に関するエンドユーザー通知を有効にすることができます。[Post-Notify User (ユーザーへの事後通知)]セクションの[Notify User (ユーザーに通知)]を選択します。エンドポイントの再起動を有効にした場合は、ユーザーが再起動を延期できるように設定を構成することができます。また、ユーザーに再起動について通知する[Message Content (メッセージの内容)]を構成する必要があります。メッセージと延期のオプションを表示するウィンドウをプレビューするには、[Show Preview (プレビューを表示)]をクリックします。

  5. [Create Deployment (デプロイの作成)]をクリックします。

パッチの適用に関する要約を確認する

パッチの適用結果は、ステータス、エラーメッセージ、およびパッチの適用構成の詳細別に取得できます。

  1. Deployメニューで、[Deployments (デプロイ)]をクリックします。
  2. [Active (アクティブ)]または[Inactive (非アクティブ)]タブを選択します。
  3. パッチの適用名をクリックします。
  4. セクションを確認します。
    • [Install/Install or Update/Update/Remove Summary (インストール/インストールまたは更新/更新/削除サマリ)]には、パッケージ名、パッケージサイズ、および操作が表示されます。
    • [Install/Install or Update/Update/Remove Status (インストール/インストールまたは更新/更新/削除ステータス)]には、インストールステータス、オンラインエンドポイント数、およびステータスの最終更新日時が格納されます。エンドポイント別に結果が表示されるように、結果はInteractアイコンでステータス別に分割されています。
    • [Error Messages (エラーメッセージ)]には、簡単な説明、影響を受けるコンピュータの数、ドリルダウンするためのInteractアイコンなどがあります。
    • [Deployment Details (パッチの適用の詳細)]には、すべての構成情報が表示されます。

    • [Targeted Computer (対象コンピュータ)]には、デプロイの対象コンピュータグループが一覧表示されます。

パッチの適用を再発行する

停止したパッチの適用を再開したり、1回限りのパッチの適用を再発行したりすることもできます。パッチの適用を再発行すると、同じ構成と対象を持つ新しいパッチの適用が作成されます。

  1. Deployメニューから、[Deployments (デプロイ)]をクリックします。
  2. [Inactive (非アクティブ)]タブで、パッチ適用名をクリックします。
  3. [Reissue (再発行)]をクリックします。
  4. 必要に応じて変更してください。
  5. 変更をプレビューします。
  6. [Create Deployment (デプロイの作成)]をクリックします。

パッチの適用を停止する

パッケージまたはバンドルのデプロイを停止できますが、すでにインストールが完了しているパッケージは削除されません。

  1. Deployメニューで、[Deployments (デプロイ)]をクリックします。
  2. [Active (アクティブ)]タブで、デプロイ名をクリックします。
  3. [Stop (停止)]をクリックします。
  4. [Inactive (非アクティブ)]タブをクリックし、パッチの適用名をクリックしてステータスを確認します。

デプロイテンプレートの作成

デプロイテンプレートを作成でき、これに繰り返し発行するデプロイの設定を保存できます。デプロイテンプレートを作成するには、[Deployment Templates (デプロイテンプレート)]のメニュー項目からデプロイテンプレートを1つ選択するか、デプロイを作成するときにテンプレートとして保存するオプションを選択します。

  1. Deployメニューで[Deployment Templates (デプロイテンプレート)]をクリックします。
  2. [Create Deployment Template (デプロイテンプレートの作成)]をクリックします。
  3. デプロイテンプレートの名前を指定します。
  4. デプロイオプションを選択します。これらのオプションは、個々のデプロイで設定できるオプションと同じです。
  5. [Create Deployment Template デプロイテンプレートの作成)]をクリックします。

このテンプレートは、デプロイを作成するときに使用できます。

最終更新:2019/06/059:52| フィードバック

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software