電子メール送信先の構成

接続元から一連の電子メールアドレスに情報を送信できます。結果を電子メール本文に含めるか、添付ファイルを作成することができます。

前提条件

  • 電子メールの結果を送受信するための電子メールアドレス。
  • ホスト、ポート、ユーザー名、パスワード、認証情報など、メールサーバに関する情報。

一般的な接続情報を指定する

  1. Connectのホームページで、[Create Connection (接続の作成)] > [Create (作成)]の順にクリックします。
  2. 接続の名前と説明を入力します。
  3. スケジュールに従って実行するように接続を有効にします。
    [Enable (有効化)]を選択します。残りの接続を設定するときにスケジュールを設定できます。スケジュールが有効になっていない場合は、手動で実行するときにのみ接続が実行されます。
  4. (オプション)ロギングレベルを設定します。
    デフォルトでは、ログは[Information (情報)]に設定されています。ログレベルを[Trace (トレース)]、または接続をデバッグしている場合は[Debug (デバッグ)]に設定します。ロギングの量を減らすために、ログレベルを[Warning (警告)][Error (エラー)]、または[Fatal (致命的)]に設定できます。

接続元を構成する

接続元は、送信先に送信するデータを決定します。このデータは通常、保存されたQuestion、Questionログ、システムステータス、イベントなどのTaniumの情報です。設定は、選択した接続元によって異なります。

電子メールの結果の送信先を構成する

  1. 送信先に名前を付けます。
    一意名を指定して構成情報を新しい検索先として保存することも、既存の電子メール結果の検索先を選択することもできます。

  2. [Email (電子メール)]セクションで、電子メールの件名、アドレス、およびアドレスセクションに関する情報を入力します。一部のフィールドでは、次の参照リストのとおり、変数の置換もサポートしています。参照:変数を参照してください。
  3. [Mail Configuration (メール構成)]セクションで、メールサーバに関する情報を指定します。
    • ホスト名、ポート、ユーザー名、およびパスワードを入力します。
    • SMTPサーバとの接続が認証済みでTLS/SSL暗号化が使用されている場合、[Enable TLS (TLSを有効化)]を選択します。
    • メッセージを送信するための値を[Timeout for Sending Email (電子メール送信タイムアウト)]に指定します。デフォルトは0のタイムアウトなしです。推奨されるタイムアウト値は10秒です。
  4. (オプション)高度な設定を指定します。一部のフィールドでは、次の参照リストのとおり、変数の置換もサポートしています。参照:変数を参照してください。CCおよびBCC電子メールのアドレスを指定したり、電子メールの添付ファイルの設定を指定したりできます。添付ファイルはzipまたはgzipファイルに圧縮できます。

フィルタを構成する

(オプション)フィルタを使用して、送信先に送信される前に接続元から取得しているデータを変更できます。

設定可能なフィルタの種類の詳細については、参照: フィルタオプションを参照してください。

電子メール用にデータをフォーマットする

電子メールに使用可能な形式のいずれかを選択できます。データはデフォルトで電子メールの本文にて送信されます。

電子メールの本文にデータを埋め込む代わりにファイルを添付する場合は、電子メールの送信先の高度な設定を編集して、[Attachment (添付)]を選択します。ファイル名とそのファイルを圧縮するかどうかを指定します。

電子メール送信先のデータ形式は、デフォルトでHTMLです。結果の電子メールに表示する列を選択できます。各列の[Destination (送信先)]名と[Value Type (値のタイプ)]を変更して、列を文字列、数値、または日付/時刻の値にすることができます。値として[Numeric (数値)]を選択した場合、データを数値に強制変換できない場合に使用されるデフォルト値を指定できます。 任意の負の数または正の数を指定できます。値として[DateTime (日付/時刻)]を選択した場合は、その列に使用する日付/時刻形式を指定します。

接続をスケジュールする

接続は、1時間、1日、1週間、または1か月に複数回など、設定可能な時間間隔で実行できます。

スケジュールを更新する: 

  • [Generate Cron (Cronを生成)]タブを使用して、いくつかの共通の時間間隔に基づいてスケジュールを作成します。このタブは、Cron式を生成します。
  • Cron式を直接表示または編集するには、[Edit Cron Expression (Cron式の編集)]タブをクリックします。

接続を保存して検証する

  1. [Create Connection (接続の作成)] > [Create (作成)]の順にクリックします。接続が作成されると、新しい接続が接続ページのリストに表示されます。
  2. 接続の実行時の詳細を表示するには、接続の名前をクリックします。表示される接続の詳細ページで、[Runs (実行)]タブをクリックします。
  3. 個々の実行ログを表示するには、[Runs (実行)]テーブルで[Status (ステータス)]列のリンクをクリックします。

最終更新:2019/06/0418:43| フィードバック

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software