その他のリソース

リリースノート

ビデオチュートリアル

サポートナレッジベース
(ログインが必要です)

Assetの概要

Assetを使用すると、組織のインベントリの完全かつ最新のビューを取得できます。Assetは、Tanium Clientによって管理されるコンピュータ、サーバ、または仮想マシンです。インベントリは、オフラインIT資産から最新のデータを持つライブIT資産データを集計します。

すべての資産の概要を表示するレポートを作成したり、特定のコンピュータやユーザにドリルダウンすることができます。

ソース

ソースは、Assetがデータを取得する方法を定義します。デフォルトでは、AssetはTaniumに保存済みQuestionを使用して、エンドポイントに関する情報を取得し、IT資産データベースを作成します。これらの保存されたQuestionは、定期的にデータベースを更新するスケジュールで実行されます。

Assetインベントリデータは、SQL Serverデータベースの外部データを使用して拡張できます。通常エンドポイントでは利用できないデータをAssetデータストアにインポートすることで、部門、コストセンター、建物、場所などの情報のフィルタリングとレポート作成を有効にすることができます。

オンラインおよびオフラインのIT資産データの集約

Assetは、オンラインとオフラインの両方の資産データを1つの完全なレポートデータセットに集約します。このデータは、設定可能な基準でスケジュールされた保存済みQuestionから作成されます。Tanium Assetの質問に回答したデバイスはすべて、Assetレポートに表示されます。更新されていないIT資産を保持する時間を設定できます。

事前定義レポート

Assetには、一連の事前定義レポートが付属しているので、監査と在庫管理の準備に役立ちます。

  • 全資産
  • 物理マシンのサマリ
  • 仮想マシンのサマリ
  • プラットフォームのサマリ
  • すべてのユーザ
  • すべてのソフトウェア
  • すべてのMicrosoftソフトウェア
  • すべてのAdobeソフトウェア

サマリレポート

サマリレポートは、選択した属性によってグループデータをレポートし、一致するエンドポイントの数を表示します。

エンドポイントの数をドリルダウンして、IT資産に関するソフトウェアとハードウェアの情報を含む、コンピュータの詳細についてフィルタリングされたリストを表示できます。

レポートにコンピュータ名またはユーザ名が含まれている場合は、詳細をドリルダウンすることもできます。

カスタムレポート

既存のレポートを基にして、カスタムレポートを作成できます。既存のTaniumセンサーのデータまたはカスタムコンテンツから独自のレポートを作成することもできます。部門、場所、ユーザグループ、またはその他の属性別に資産を表示するカスタムレポートを作成することもできます。

ビュー

Assetデータの別の視点を作成するために、ビューを使用します。ビューは使用可能な属性を指定し、含まれるデータをフィルタできます。ビューからTanium Connectにデータをエクスポートできます。

データのエクスポート

ServiceNow CMDB

Assetデータによって、ServiceNow CMDBの在庫データが充実し、常に最新情報を確認できるようになります。Assetを使用すると、エクスポートするデータのサーバ、属性マッピング、およびスケジュールを定義できます。

Tanium™ Connect

事前定義レポート、カスタムレポート、またはビューを接続元として使用し、電子メール、ファイル、HTTP、ソケットレシーバ、Splunk、SQL Serverなどの送信先に送信できます。

Flexera

Flexeraとの統合により、既存のTanium Clientを使用して、Flexera FNMSで情報を取り込むことができます。

他のTanium製品との統合

Assetは、関連データの追加レポート作成のため、Tanium™ Trendsと統合しています。

Trends

AssetAssetコンセプトのデータ視覚化を提供するトレンドボードを備えています。Assetボードは、Assetにレポートするエンドポイントの数と、レポート、ビュー、データエクスポートにおけるデータの使用方法を表示します。以下のパネルは、Assetボード内にあります。

  • ツールバージョン
  • エンドポイント総数
  • 現在見られているエンドポイント数
  • IT資産の経過年数
  • ServiceNowの洞察
  • レポート数
  • ビュー数

Assetにより提供されているトレンドボードのインポート方法の詳細については、Tanium Trendsユーザガイド:初期ギャラリーをインポートするを参照してください。

最終更新: 2020/11/19 13:47| フィードバック

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software